借入れたお金を踏み倒すことはできるのか

返済が苦しくなると何らかの行動を起こさねばならなくなります。
返済期限が一日でも間に合わないと、遅延金利で割り出された返済遅延金を支払う必要があるからです。
返済額に直接影響を生む債務整理。任意整理や個人再生、そして借金そのものが免除になる自己破産という選択肢もしっかり自分の中に置いておきましょう。
もし複数のローン借入で返済に苦しんでいるとしたら、それらのローンを一本化できるおまとめローンの利用を。
そしてそういった行動を何も起こさない場合。返済期限がどんどん過ぎていってしまった場合。
返済を完結しないままその借金を踏みたおすことは可能なのでしょうか。

時計とカレンダー


  • キャッシングの返済には時効がある
  • 消費者金融がそう簡単に時効まで見逃すわけがない
  • 返済遅延の情報は審査で不利
  • なんとか返済するための手段を考えた方が確実

キャッシングの返済には時効がある

実は、借入れたお金には返済の時効があります。
その時効を迎えればもう今後は返済の負担で悩む必要がありません。
借入れたお金も債務者のものになり、今後は返済の必要がなくなります。
そのキャッシングの債務者が法人だった場合は、その時効を迎えるまでにかかる期間は5年。債務者が個人だったとしたらその時効は10年にまで伸びます。
じゃあカードローンでキャッシングしても10年逃げ切ればいいんだ。そう思ってしまいがちですが、この時効は簡単にストップしますし、10年という長い期間待って時効を迎えるのは簡単なことではありません。


消費者金融がそう簡単に時効まで見逃すわけがない

消費者金融としても時効をみすみすと迎えてしまうことにメリットがありません。
あの手この手で時効のカウントをストップして、なんとしても貸したお金を回収しようと考えるはず。
例えばどれだけ小額の返済でも、その返済を債務者が行った時点で返済を承認したとみなされ、時効のカウントはストップします。
そうでなくとも消費者金融からの返済の勧告が、裁判所を通して正規に行われた時点でも時効は止まります。
それらの手段を何もしないで消費者金融が時効を迎えるわけがありません。
ですから、消費者金融などのカードローンでキャッシングを行ったとして、その返済を行うこと無く時効を迎えることを狙うのは難しいでしょう。


返済遅延の情報は審査で不利

返済が遅れたその情報は個人の信用情報に残ってしまいます。
信用情報に問題が残った状態のことをブラックリストに載ってしまったといい、その状態ではあらゆる審査に不利になってしまうのです。
ですから返済は送れないようにするのが無難。
キャッシング前の消費者金融や銀行の審査だけでなく、クレジットカードを作る際の信販会社による審査でもブラックリストに入っている情報はかなり不利です。
信用情報に傷をつけないためにも、返済は期限内に完結する努力を怠らないことです。
多少の延滞なら消費者金融も相談に乗ってくれます。
正規の業者だったのなら、そこまで返済に苦労するような人にはそもそもお金を貸さない。といった場合が多いです、


なんとか返済するための手段を考えた方が確実

いかに返済の時効まで逃げ切るかではなく、いかに借入れたお金の返済完結を目指すかのほうが確実です。
あらゆる債務整理で返済額に直接影響を出すのもよし。
借り換えて他の人の手を煩わせることなく、誰にも頼らず金銭的な負担も無しに返済完結を目指すのもよし。
一番ダメなのが、何もせずただ返済期限が過ぎていくのをただ見守ることです。
返済遅延金は日割りで計算されます。つまり一日でも返済が遅れれば遅れるほど、返済遅延金の額は多くなっていくとくこと。
返済が遅れるデメリットはとにかく多いです。消費者金融からの借り入れ。そして返済も確実に、計画的に行いましょう。