キャッシング審査で重視されることは

キャッシングの審査において、重視されるポイントは5つあります。


●ポイント1:年齢

年齢が若いかどうかだけではありません。勤続年数などを加味して「年齢」の項目で審査されます。


●ポイント2:既婚・未婚

キャッシング審査においては、20代ならば独身の方が評価は高いとされています。>>>スピード審査キャッシング情報
これは独身の方が、自由になるお金が多いという理由からですが、既婚者なら絶対に不利というわけではありません。安心材料となる可能性もあります。


●ポイント3:住所

住所が重要ポイントなのは、万が一の時のための担保になるという理由もありますが、それだけではありません。賃貸と比べて、すぐに引き払うことが難しい持家の方が安心感を与えられるようです。
ちなみに賃貸でも、同じ場所に長く住んでいると評価が上がる可能性があります。


●ポイント4:電話

固定電話があるのなら、固定電話も書いた方が消費者金融側には安心材料が増えます。しかし、電話番号は一個書いておけば良いだろうと思って、固定電話しかかかないというのはNGです。誰もが携帯電話を持っているこのご時世、携帯電話を持っていないとなると不審がられます。
ちなみに、自宅に固定電話があるのに書かないで、携帯電話の番号のみを記入するというのは、「家族に知られたくない」という心理が伝わるためか、特にプラスにもマイナスにもならないようです。


●ポイント5:職業

勘違いされやすいのですが、この項目で見ているのは「収入額」よりも「安定度」です。公務員など、リストラや倒産の可能性が低い職業の人が有利に働く理由は「安定」につきます。高収入でも離職率の高い業種は不利になるようです。


●キャッシング審査の5ポイントに共通していること

5つのポイント全てに共通しているのは、「突然行方をくらまさないかどうか」ということです。勤続年数が長ければ、結婚相手や家族がいれば、持家なら、固定電話があれば、離職率の低い安定した職についていれば…「突然いなくなったりしにくいだろう」。消費者金融が求める答えはこの一点に尽きると言っても過言ではないでしょう。

次項>>>審査に通ったら、キャッシングの使い方を覚えよう