友人知人からお金を借りるリスク

家族や友人知人など、関係性が親しい人からお金を借入れるのは推奨できません。
そこにはどうしてもリスクがついてくるからです。
人間関係のしがらみはこの世に生きる人にとって普遍的な悩み。
ですがお金の悩みも誰しも抱えるものです。
この二つの大きな問題を解決するために、いかに安全にキャッシングを行うべきか。いかに借入れたお金を安全に返済するか。
それが大切です。友人にお金を借入れると、その借りたお金を返済しきるまでは言うまでもなく、たとえその借りたお金が返済しきったとしても、その人間関係には大きな影響を及ぼしてしまうことになるはず。
やはり安全なのは消費者金融などの貸金業者。または銀行からのキャッシングなのでしょうか。
借金をたのみこむ人


  • 友人からお金を借りると関係が破綻する恐れも
  • 家族の信頼を担保にお金を借りる?
  • お金を借りるのは信頼を担保にするということ
  • 消費者金融からのキャッシングが安全

友人からお金を借りると関係が破綻する恐れも

友人からお金を借りるという話も聞かないではありません。
「100円貸して」。こんな気軽な借金ならまだしも、その借りるお金が5万10万と大きな金額になっていくと、そのリスクも大きくなります。
今までどれだけ満ち足りた友人関係だったとしても、その借金からの不信感でもう過去のような関係を再び築くのは難しいかもしれません。
たしかに友人から借りるお金には、消費者金融のような高い金利で多額の利息を同時に支払うこともありませんから返済の負担は小さいかもしれません。
返済期限もそれほど厳しく言われないかもしれません。ですがもっと大切なのは、今後の二人の関係に支障を来さないかということ。


家族の信頼を担保にお金を借りる?

特に親からお金を借りるのは簡単かもしれません。
実の子供がお金に困っているのをむざむざ見捨てる親の方が少ないでしょう。
親子関係特有の信頼関係を担保に、金額に関わらずお金を無条件に貸してくれることが多いでしょう。
ですがその利息を求められず、返済に期限もつかない借金。
その借金によって良心の呵責を感じてしまうこともあるでしょう。
収入のあり方を考えるか、それとも消費者金融からのキャッシングに切り替えるなど、対策を考えるべきでしょう。


お金を借りるのは信頼を担保にするということ

まったく知らない人にお金を貸すわけがありません。
通常実際の友人知人からお金を借りるときには、過去築いた信頼を担保にすることになります。
信頼関係が成り立っていてはじめて借金が成り立つのです。
その担保は不動産などと違って目に見えずもろい。あまりにもデリケートです。
ここはやはり消費者金融や銀行からのキャッシングをおすすめします。
特にカードローンなら無担保かつ無保証人でお金を借入れることが可能です。


消費者金融からのキャッシングが安全

消費者金融のカードローンがおすすめなのは、そのキャッシングで誰にも迷惑をかけることが無いからです。
担保も保証人も提出する必要がないカードローンを利用すれば、その借金の返済が終わった時点で消費者金融との関係を断つことができます。
消費者金融はあくまでキャッシングによって利益を得ようとしている、商業目的のキャッシングを行っている会社。
そのお金を借入れる相手は見ず知らずの相手です。
実際の友人関係などの人間関係を壊すリスクはあまりにも大きすぎます。なるべく消費者金融や銀行からお金を借入れて、しがらみを残さないキャッシングを行いましょう。
その返済が多少遅れたとしても、その責任を果たすのは自分。それにより第三者に迷惑をかけることはありません。
銀行カードローンでお金を借入れれば低金利でキャッシングも可能で、その返済の負担を小さくする事が可能です。