どうして私はお金がないの?

お金がないとお嘆きの方に共通しているのは、経済観念の甘さです。
キャッシングに走ろうと言う前にもう一度経済状況を見なおして、その後どうしても必要ならばお金を借りるために消費者金融に、または銀行や信販会社に申し込みましょう。
キャッシングを行うとその借入れたお金の返済によって生活が苦しくなってしまうこと。
高い金利によって多くの利息を払うことになるのだということをきちんと理解しておけば、キャッシングはかなり便利なものです。
即日審査や即日融資に対応した消費者金融も多いです。
ですが何度も言うように、もう一度自分のお金の使い方を見なおしてみてください。


目次

  • お金がないのはあなたの脳に問題があるから
  • 無駄使いを減らしてみよう
  • キャッシングを行うなら消費者金融から
  • カードローンを利用するクセをつけない

お金がないのはあなたの脳に問題があるから

はっきり言って浪費癖は一種の病気です。
お金をつかうことによってストレスを発散しようとしているか、お金をつかうことに快感をおぼえているのです。
その考え方をまずは変える必要がありそうです。
お金をつかうことでストレスを発散するのはもうやめてください。もっと別のことでストレスをなくしましょう。
運動がおすすめです。例えば走るだけならほとんど準備にお金を使いません。泳ぐのだって市民プールなんかで泳げばただ同然の低価格で泳ぐことができます。
体を動かせばそれだけで気分爽快ですし、筋肉が増えていく過程には快感が伴うなんて話も聞いたことがあるくらいです。
お金がないならまずは運動。これを合言葉にしましょう。

準備体操をする男性


無駄使いを減らしてみよう

普段のお金の使い方も見なおしてみる必要がありそうです。
例えば学校や仕事の帰り道必ず立ち寄るコンビニ。そこでいつもの習慣で立ち読みを行うまでは良いのですが、どうして必ずそこでお菓子やアイスを買うのですか?
その惰性で行う買い食いをまずやめましょう。
そしてもう一つ、自分の口座からお金を引き下ろす時に利用するATM。そのATMを利用するときにかかる手数料。これも節約できるでしょう。→キャッシング前に考えるおすすめ節約術
手数料がかかる時間帯にATMを利用しないこと。お金を引き下ろすタイミングは手数料が無料の時間帯にまとめて行っておくことをおすすめします。
「なんだよせいぜい数百円…」と思いがちですが、この少しの出費が積み重なって今お金がないと嘆いているあなたにつながっているのです。


キャッシングを行うなら消費者金融から

ですが今のあなたを取り巻く状況。それを立て直すには根本からお金の問題を解決する必要がありそうです。
まずは滞っている支払いをまとめて行いましょう。でもそのためにはお金を手に入れる必要があります。
働いてお金を手に入れるためには時間も手間も労力もかかる。じゃあどうすれば良いのでしょうか。
ここで出てくるのが消費者金融や銀行のカードローンを賢く使ったキャッシングです。
特に消費者金融からの借入れは即日審査と即日融資に対応したものが多く時間がかからないという強みもあります。
賢く使えば消費者金融からなどのキャッシングはとても便利で、あなたの現在の状況を変えることができるだけの力を持っています。
気をつけておかないといけないのは、きちんとタイミングを見極めておくということです。


お金のない男性

カードローンを利用するクセをつけない

カードローンは即日キャッシングに対応したものが多く、審査などに時間がかからないこと。
そしてカードローンから借入れたお金は使い方も自由であること。そして審査で申し渡された限度額内ならば何度でも再融資を受けることができるという利点があります。
ですがだからこそ、お金が無くなるたびにカードローンを利用してしまう、借入れグセがついてしまう危険もあります。
そのようにキャッシングを生活の中にどっぷり入れ込むのはあまりにも危険です。
しっかりと借入先を見極めて、必要最低限のキャッシングにとどめておくことをおすすめします。