新生銀行カードローンレイク借入体験談

急に現金が必要となってしまった時、あなたならどうしますか?身近なところにお金を借りることのできる友人や知人などがいれば問題ないかもしれません。しかし、なかなかそう都合よく、お金を貸してくれる人がいるとは限りません。

そこで、キャッシングなどのサービスを利用することになるかと思います。私はこれまで、できるだけ借金することなく生活できるように、できるだけ毎月余裕を持つように心がけてきました。

ですが、いくら景気が回復しつつあるとは言っても、地方の中小企業で働くサラリーマンである私の給料は上がることはありません。それどころか、ボーナスはカットされたままで、なかなか生活は楽になりません。
少しは余裕を持てるように、倹約生活を送っていても、大きな出費が続くとどうしても赤字になってしまい、お金が足りなくなります。
そこで、なんとか耐え忍ぶことができても、そこでさらに出費が重なるとどうでしょう? やはりお金を借りる、という選択肢を選ばなければならなくなってしまうのです。

そこで、私ははじめて金融機関にお金を借りることになりました。その体験談をお話してみたいと思います。

財布からお金を取り出す男性


はじめてのキャッシングは新生銀行カードローンレイクで

今回、私がお金を借りなければならなくなってしまった理由、出張でした。私の会社では急な出張の場合、移動費や宿泊費などは一旦自分で支払い、領収書を提出することによって、翌月に返ってくる、というものです。
少しおかしなシステムだとは思いますが、それほど出張の機会が多いわけではありませんので、特に文句を言うことはありません。もっとも、私が働いている会社には労働組合なんてものもありませんので、文句の言い様もありません。

そんな出張が、立て続けにあったことからついに貯金も底をついてしまい、そんなタイミングでさらに急な出張がまた入ってしまったのです。
給料日まではあと2週間もありましたので、出張どころか、毎日の食事にさえ困ってしまうレベルです。

そこで、お金を借りることにしたのですが、個人向けのキャッシングサービスを提供している金融機関はいくつもあります。

その中から私が選んだのは新生銀行カードローンレイクでした。


どうして新生銀行のカードローンで安心

はじめての借入ですので、できるだけ消費者金融ではなく、銀行で借りようと思いました。しかし、調べてみると銀行の場合金利はそれほど高くはないものの、審査が厳しく、即日融資を行っているところはあまりない、ということがわかりました。
前述の通り、かなり切羽詰まった状況でしたので、ゆっくりと審査を待っているような余裕はありません。

そうなると消費者金融から借りることになるのですが、できるだけしっかりとしたところを選びたい、と考えました。
そこで、レイクであれば新生銀行のグループ会社ですので、安心と判断したのです。

また、レイクであれば、あまりこれまでの利用実績などが審査に影響することはない、という口コミもありましたので、これまでキャッシングを利用したことのない私にはぴったりだと判断しました。


パソコンからの申し込みで安心

ただ、お金を借りると言っても仕事が忙しく、なかなかお店に足を運ぶことができませんでした。
会社の近くには新生銀行カードローンレイクの無人契約機がありましたが、はじめての利用でしたのでなかなか入る勇気が出ません。

そこで、私はパソコンでの申し込みを選びました。この方法であれば、実際にお店は行く必要もなく、最短の場合、その日のうちに指定口座への振込みも可能となっていたのです。

そこで、さっそく仕事の空き時間を使ってネット申し込みをしてみました。実際にやってみると、とても簡単で、これまでまったくこういった申し込みをしたことのない私でも、必要事項を入力するだけで、すぐに完了できました。

どのくらいで審査の結果が出るのかな…とドキドキしていたのですが、ほんの数時間で審査通過の知らせが届き、スマホのアプリで本人確認の免許証データを送信すると、その日のうちの振込みが完了してしまいました。


時間をかけずにキャッシング完結

あまりにも簡単でしたので、拍子抜けするほどです。もう少し審査には時間がかかるだろう、と思っていましたし、継続した収入はありますが、もしかしたら落ちてしまうかもしれない…なんて不安もありましたがすべて杞憂に終わりました。

あとは、振り込まれたお金を、コンビニのATMでおろしてすぐに現金を手にして、かなり余裕を持った状態で出張に出かけることができました。

初めてのキャッシングでしたので、わからないこと、不安なことだらけでしたが、背院生銀行カードローンレイクを選んだことによって、本当に簡単にお金を借りることができました。
これからも、ピンチの時は利用させてもらいたいと思います。