クレジットカードのキャッシング機能ってどうなの?

一般的なキャッシングサービスといえば皆が思いつくのが消費者金融や銀行のカードローンです。
ですがそれよりもさらに気軽に利用できるキャッシングサービスがあります。
それがショッピングなどで便利なクレジットカードについているキャッシング機能です。
カードローンはどうしても借金をしているという色が強くなってしまいます。
キャッシングに抵抗を感じているという理由で、消費者金融や銀行のカードローンに申し込めない。そんな人も多いのではないでしょうか。
クレジットカードで行うのはあくまでショッピングなどの支払いがメイン。
クレジットカードのキャッシング機能はあくまでそれの補助であることを把握しておきましょう。

クレジットカードを持っている男性


  • クレジットカードのキャッシング機能の金利を比較
  • 消費者金融のカードローンがおすすめなわけ
  • 継続的にキャッシングするべきではない
  • アコムのACマスターカードについて

クレジットカードのキャッシング機能の金利を比較

有名なクレジットカードのキャッシング機能。利用者の多いクレジットカードのキャッシング機能を比較してみることにしましょう。

クレジットカード名 金利 遅延金利
楽天カード 18.0% 20.0%
セゾンカードインターナショナル 18.0% 20.0%
アメリカン・エキスプレス・カード 18.0% 20.0%
JCB一般カード 15.00%~18.00% 20.0%

金利規制法などの設定によって18%という設定をつけるところが多いです。
この設定は大手消費者金融の設定する上限金利とそれほど変わらないではないかと思う人も多いはず。
じゃあ消費者金融のカードローンなんか使う必要ないのではないか…。
そんなことはありません。消費者金融のカードローンにはクレジットカードのキャッシング機能よりも優秀な設定でキャッシングを行うことができる理由があります。


消費者金融のカードローンがおすすめなわけ

どうして消費者金融のカードローンのほうがクレジットカードのキャッシング機能よりも優秀なのかというと、それはよりキャッシングすることに特化して設定が組まれているからです。
キャッシングにおいて大切なのが金利。そしてそれにより支払うことになる利息。これが限られた期間無利息になるサービス、無利息サービスを展開している消費者金融は少なくありません。
そして申し込んでから実際の借入まで時間がかからない即日融資に対応している消費者金融の数も多く、これらのサービスを利用することで、キャッシングに待たされることがありません。
クレジットカードのキャッシング機能はあくまでショッピングを補助するためのもの。
お金を借入れるために作られたカードローンに勝てるわけもないのです。


継続的にキャッシングするべきではない

一度何かキャッシングサービスを利用してお金を借入れた人の多くは一度の借入で終わらないことが多いです。
クレジットカードのキャッシング機能は限度額までATMを使ってキャッシングできるものが多いですが、そのキャッシングを行った分ショッピングの限度額も圧迫されてしまいます。
限度額が50万円で、20万円をキャッシングしたとしたら、30万円までしかショッピングできなくなるということ。
クレジットカードのキャッシング機能を使う前に、そのカードのキャッシング限度額はどれくらいのものか前もって調べておくことが大切です。
そしてATM利用手数料がかかる場合も多く、キャッシングのたびに100円か200円それだけで損してしまうのもクレジットカードのキャッシング機能の特徴。
消費者金融は提携ATMの数が多く、手数料無料で利用できるATMの数が多いですから、より高い利便性を感じることができるはずです。
生活の中にキャッシングを取り入れたい方。継続的にキャッシングの見込みがある方はぜひ消費者金融や銀行のカードローンを利用してください。


アコムのACマスターカードについて

大手消費者金融のアコムのローンカードは一味違います。
カードローンのローンカードにショッピングなどで利用できるクレジットカード機能がついているのです。→アコムのACマスターカードにはクレジットカード機能がついている
このACマスターカードはむしろクレジットカード機能がキャッシングのおまけという立ち位置ですから、継続的にキャッシング利用する方にも、クレジットカードでショッピングを行いたいと考えている方におすすめです。
しかも自動契約機を利用すればそんなACマスターカードをその場で即日手に入れることができるのも特徴です。